かがやき整骨院 採用サイト ロゴ

SHARE

INQUIRY

scrollボタン

患者様の不調を見抜ける観察力を磨いていきたいと思っています。

吉村絵里香Erika Yoshimura

十三院・副院長・柔道整復師

明治東洋医学院専門学校

吉村絵里香

小さな仕草から患者様の状態に気づくこと

落ち着いた雰囲気と社長の人柄に惹かれて入社しました。

もともとスポーツトレーナーに興味があり、短大でスポーツを学んでいました。卒業後の進路を考えていたとき、短大の先生に「トレーナーになるなら柔道整復師の国家資格を持っていた方がいい」と教えてもらい、専門学校への進学を決意。無事資格を取得し、新卒でかがやき整骨院に就職しました。

就職活動の際には、いろいろな整骨院を見に行きました。中でもかがやき整骨院は、スタッフの挨拶や対応などが落ち着いた雰囲気で、自分が患者として通うならこういうところがいいと思えました。また、身体の勉強以外にコミュニケーションや心の勉強ができることにも魅力を感じました。決め手になったのは社長との面接です。実際に話をしてみて「この人についていきたい」という気持ちになり、入社の意思を固めました。

吉村絵里香 1

不調の原因を探るには、患者様の普段の動きを意識することが大切。

治療の際は、患者様への気づかいを大切にしています。力加減が丁度よいか、腰が痛いとおっしゃっているけれど、他にも困っている部分がないかといったことを、患者様に言われる前にお聞きするようにしています。

入社当時の院長にも「患者様の普段の動きを常に意識しておきなさい」と指導を受けていました。「状態を良くしていくためには、まずはこちらが気づくことが大切だ」という考えからの指導だったのだと思います。実際、歩き方、表情、座る動作などをよく観察することで不調の原因が見えてくることは多々あり、治療方針を立てる際の役に立っています。

吉村絵里香 2

患者様の「良くなりました」という言葉にやりがいを感じます。

かがやき整骨院に初めてお越しいただいた患者様には、カウンセリングを通して治療メニューをご提案し、その上で体験施術を受けていただいています。治療メニューの必要性をご理解いただくには、症状と原因の見立てが正確で、説明がわかりやすく、施術にある程度の効果を実感していただかなくてはなりません。それだけに初診での対応が通院につながったときは、自分の腕が上がってきていることを実感できます。同時に、患者様の症状を良くしていくことができると思うと、モチベーションも高まります。日々の施術のなかで一番嬉しいのは、やはり患者様から「良くなりました」「ありがとう」という言葉をいただく瞬間です。そこを目指す上でも、まずはこの院で治療を受けようという気持ちになってもらうことを大切にしています。

働く側から見たかがやき整骨院の魅力は、人間関係が良いことだと思います。実際、スタッフが夢や目標を書いて共有する「かがやきチャート」に「職場の先輩と一緒にご飯を食べに行ったり、出かけたりしたい」と記入すると、すぐに叶えることができました。他院との関わりの場も多く、会社全体の仲が良いと感じています。三国院は、私が働き始めたこの2年の間に、院長を含め多くのメンバーが入れ替わりました。若いメンバーが多いですが、どんな患者様が来られても、全員治療でより良くなっていただく為のチーム作りを、日々頑張っていきます。

吉村絵里香 3