かがやき骨盤整骨院 ロゴ

SHARE

SNS

INQUIRY

scrollボタン

MENU

背景画像

症例別メニュー

シンスプリント

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 歩いたり走ったりするとすねの骨の内側が痛い
  • すねの骨の内側に腫れや痛みがある
  • 痛みによって長く走れない
  • 痛みによってタイムが縮まらない

シンスプリントとは

脛骨過労性骨膜炎、脛骨内側症候群とも言われます。多くはスポーツ選手に見られ、ふくらはぎの内側、真ん中より下寄りの部分が腫れたり痛みが出たりします。ふくらはぎの筋肉が硬くなり、骨に付着している骨膜を引っ張ることで炎症が起きた状態です。症状が進行すると脛骨の疲労骨折へと繋がります。

シンスプリントが起こる原因

繰り返しのジャンプやランニングにより、ふくらはぎの筋肉が疲労することによって起こります。オーバーユースはもちろんですが、それ以外にもふくらはぎの内側の筋肉ばかりを使ってしまうような動きの癖や、足の形に原因があることも多いです。また底が薄く硬い靴や、硬い道路でトレーニングを行うことによってもシンスプリントになるリスクは高まります。

かがやき整骨院でできるシンスプリントへのアプローチ

step1.シンスプリントは筋肉の使い過ぎによって筋肉が硬くなることで痛みを生じます。なのでまずは原因となる筋肉の緊張を手技や電気治療、鍼灸などを用いて行います。
step2.痛みが治ってきたらそもそも何故同じ筋肉ばかり使ってしまうのかを分析し、痛みが再発しないような身体を作っていきます。シンスプリントは動きの癖や足の形によって発症のリスクが高まります。また、足首だけでなく膝や股関節の硬さからも痛みにつながるので、骨盤や足の骨の矯正を行い、関節の動きを出していきます。
step3.整えた骨のバランスを維持するため、筋肉を効率よく使い、局所に疲労が集中しない身体を作るためインナーマッスルの強化を行います。

一つでも当てはまる方はご相談ください

  • スポーツを長く続けたい
  • ふくらはぎの痛みが取れない
  • パフォーマンスの向上をしたい
  • 痛みなく思い切り運動したい

SHOP

店舗情報

阪急沿線を中心に展開するかがやき骨盤整骨院。
アクセス良好な7店舗の受付時間、お問合せ先などをご紹介します。

  • 十三駅
  • 塚本駅
  • 岡町駅
  • 三国駅
  • 千里山駅
  • 上新庄駅
  • 西中島南方駅
  • 茨木市駅
詳しく見る