かがやき整骨院 採用サイト ロゴ

SHARE

INQUIRY

scrollボタン

MENU

背景画像

症例別メニュー

スポーツ障害・外傷

POINT人生の楽しみを再び味わいましょう。 思い切りスポーツを楽しめる身体に!

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 捻挫・肉離れなど急な怪我をしてしまった
  • 試合が近い中で怪我をしてしまった
  • スポーツのパフォーマンスを向上させたい
  • 練習中も痛みを我慢している
  • 痛み止めや湿布で改善しない

スポーツ障害について

スポーツ障害とは、同じスポーツを続けることなどにより、筋肉や骨、腱の使いすぎになり、慢性的な痛みが生じることを言います。よく耳にする筋肉痛や肉離れを始め、捻挫、突き指、脱臼、半月板損傷、オスグッド病、ジャンパー膝、椎間板ヘルニア、疲労骨折などさまざまな種類があります。

スポーツ障害の原因

継続的にスポーツや運動をしていると、同じ部位に繰り返して力が加わることになります。力が加わった部位は、弱い力でも骨折や炎症などを起こしやすくなります。また、軽症であれば運動時だけ痛むのですが、重症になると運動時以外でも痛みや腫れが続く場合があります。

このような症状は、プロスポーツ選手はもちろん、アマチュアや成長期の子供にも多く見られます。スポーツが好きな方ほど身体に負担をかける機会は多く、なかなか症状が改善しないと悩んでいらっしゃる方も多いでしょう。

また、スポーツは偏った身体の使い方を強いられることが多く、身体のバランスが崩れてきます。その状態での運動は身体への負担が大きくなり、怪我もしやすくなります。

痛めた場所をそのままにして運動を続けると、痛めた場所をかばって身体のバランスを崩し、症状を悪化させてしまったり、怪我や故障が癖づいてしまったりすることにもつながります。

怪我や故障をしない身体を作っていくことが大切です。

スポーツ障害への施術

怪我やスポーツ障害の際には、痛み止めや湿布、テーピング固定などを行う方が多いのですが、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない身体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。

よく、「捻挫が癖づいてしまっている」「肘に不安を抱えながら投げている」といった悩みも伺います。一時的な対処ではなく、身体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)を変えていくことが重要です。

スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我をしにくい身体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

かがやき整骨院で行うスポーツ障害・外傷施術法は?

STEP1
スポーツ中での動作確認なども問診で行い、身体の負担になっている箇所を見極め、根本改善を行います。手技や電気療法、テーピングなど、その方の症状や痛みに応じた施術をおこないます。

STEP2
痛みを早期緩和した次は、怪我やスポーツ障害を起こさないように痛みの根本原因にアプローチしていきます。

怪我や痛みが緩和しても、悪い身体の使い方のままスポーツを継続すると、また怪我をしてしまうことにもつながります。

そのため、痛みが緩和した後には、骨格・姿勢の改善と、筋肉の使い方の指導を行っていきます。さらに、スポーツでの動作、筋肉の使い方、痛みづらい身体の使い方などもアドバイスさせていただいています。

患者様からは、「痛みはもちろん治りましたが、身体も動かしやすくなりました」「パフォーマンスや記録が向上しました!」といったうれしいお声も頂いています。

一つでも当てはまる方はご相談ください

  • 試合が近いが、怪我をしてしまった
  • 何度も同じ箇所を怪我してしまう
  • 捻挫・肉離れなどを起こしやすい
  • 肘や膝など関節が痛く力が発揮できない
  • 身体の使い方について信頼できる人のアドバイスを受けたい