かがやき整骨院 採用サイト ロゴ

SHARE

INQUIRY

scrollボタン

MENU

背景画像

症例別メニュー

頭痛

POINT頭痛には種類があります! 痛みに合わせた施術でもう悩まない!

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 長年の頭痛で悩んでいる
  • 頭痛の原因がわからない
  • 頭痛で、薬を飲んでおり手放せない状況になっている

頭痛の原因は?

頭痛には、偏頭痛(片頭痛)、群発性頭痛、筋緊張性頭痛といった3つのタイプがあります。

ひと言に頭痛といっても、タイプによって対処方法が異なりますので、注意が必要となります。

頭痛は、薬局で売っている薬を飲むことで、一時的に症状が緩和するケースが多いです。しかし、一時的に痛みがおさまっても根本的な筋肉の緊張原因を取り除かないと何度も頭痛を繰り返してしまいます。

また、偏頭痛(片頭痛)や群発性頭痛のように原因がはっきりしない場合は、自律神経やホルモンバランスが関わっていることが多いため、筋肉の緊張以外にもアプローチしていく必要があります。

筋緊張性頭痛

≪筋緊張性頭痛≫

頭痛で悩む方の70%の方は、筋緊張性頭痛といわれております。子どもから高齢者まで、どの年齢層でもみられ、ときどき頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と、毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張型頭痛)とがあります。

「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。きっかけは目の疲れ、精神的ストレス、長時間の同一姿勢(パソコン・スマホなど)などです。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

偏頭痛(片頭痛)と群発性頭痛

≪偏頭痛≫
何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。いったん痛み出すと2~3日間は続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。
また、ストレスから解放されたときは血管が拡張しやすいため、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、や疲労なども「片頭痛」の誘因とされています。


≪群発性頭痛≫
群発頭痛はある時期に集中して起こる頭痛で、男性に多くみられます。痛みのきっかけはアルコールがほとんど。目の奥がえぐられるような痛みが特徴で、1日の中でも決まった時間帯(夜間に多い)に激しい頭痛発作が起こります。

頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼び、群発期以外は、頭痛はすっかり治まってしまいます。

 女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の3倍にのぼるともいわれます。

かがやき整骨院で行う頭痛へのアプローチとは?

STEP1
患者様のこれまでの頭痛遍歴や特徴を伺った上で、早期緩和を目指した施術を行います。
筋肉に対するトリガーポイント療法や、自律神経にアプローチする鍼灸治療を組み合わせて頭痛にアプローチしていきます。


STEP2
頭痛を早期緩和した次は、頭痛の根本原因にアプローチしていきます。

頭痛が緩和しても、姿勢の悪さから肩や首が緊張しやすい状態だったり、デスクワークなどで体に負担がかかりやすい状態をしていたりすると、頭痛が戻ってしまいます。

そのため、痛みが緩和した後には骨格・姿勢の改善を行うために、身体の土台である骨盤矯正・背骨の歪み調整を行います。

さらに、患者様の姿勢や日常生活動作、仕事中の体の使い方など、今後頭痛が起こりづらい生活習慣もアドバイスさせて頂いています。

一つでも当てはまる方はご相談ください

  • 頭痛薬がなかなか手放せない
  • 病院に長く通院しているが頭痛が緩和しない
  • 頭痛に悩まずに、仕事や家事をしたい
  • 痛み止めを飲んでごまかしている
  • 落ち着いた環境で悩みを聞いてほしい